読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野武士と言われた男

電気系大学院を出たが1年とちょっとで会社をやめた男の戯言

2015年3~7月カブルチャーのイチゴファームは稼げなかった

 

f:id:eatwalker:20170322144042j:plain

 

ども,アカトです.

 

2015年3~7月までカブルチャー(Cablooture)のイチゴファームで働いていたのですが,これがまぁひどかった.

 

何がひどいかって?

 

お金が稼げなかったこと

 

もともと以下2つの理由で2015年2月オーストラリアにワーキングホリデーで来た.

1.お金を稼ぐ

  世界一周というか,長期にわたって旅をするための資金稼ぎ

2.英語力を上げる

  英語を話せた方が旅がさらに楽しいに違いない.

  それなら英語圏にいたら英語が話せるようになるだろうという甘い考えから.

 

そして,なんとかその1ヶ月後にガムツリー(Gumtree)というサイト(アプリもあり)を使いイチゴのプランティング(苗植え)の仕事をゲットする.

eruditors.click

話はそれるが,ガムツリーには非常に助けてもらった.仕事探しから始まり,生活用品などの購入,シェアハウス探しなど.このサイトの良いところとして個人的には以下が挙げられる.

  • 英語を駆使しなければならない
  • 物を売買するときにオーナーと対面する

英語に苦手意識がある人は自分を追い込むためにも一度使ってみてもいいかもしれない.

 

話は戻り,当初ファームに関する知識は0に等しい状態,かつ初めてゲットしたフラワーファームを3日でクビになり,お金がないという後先ない状態から有無を言わさずシドニーからブリスベンに舞い降りた.しかし,蓋を開けると,そこには十数人の日本人とのシェアハウス,ファームにはほぼ韓国人だらけのアジア人のみ,コントラクター(仲介者)ももちろん韓国人の生活が始まった.

 

なぜそんなところに4ヶ月も滞在したのか.それは,移動しても次の仕事をゲットするまでにお金が底を尽きてしまう可能性,それと英語に自信がないことからくる日本人との気楽で楽しい生活に甘んじたからだ.楽しかったけれど,今思えば当初の目的とはずれていたため無駄な時間だったかもしれない.

 

3月中旬からシェアハウスに住み始めるも,肝心のイチゴの仕事はまだなく,ラズベリーといった他の仕事をやらされる.ガムツリーの広告にはすぐに始められるとあったのに,現実はこれだ.これはガムツリーにはよくあることなので気をつけてほしい.数日後,やっとプランティングが始まる.しかし給料は歩合制.覚悟はしていたが稼げない.6~12時過ぎまで働いて$100いけば良い方.せめて時給$20は欲しいところだ.ただ,プランティングはまだましな仕事だということに後で気づかされる.

 

4月末,プランティングの仕事が終わり,カッティングや雑草抜きの仕事へ.この時期は週に2,3日しか仕事がなく,給料も$20~50.することもなかったため,バスケにみんなではまり,Dreamworldなどの娯楽施設やカジノに行ったりとお金がないなりに楽しんだ.

 

5月あたりからぼちぼちとピッキングが始まるもトローリーを使わないハンドピッキングのため腰を痛めるだけの重労働.もちろん稼げない.

 

f:id:eatwalker:20170322144905j:plain

 

6月あたりからやっとトローリーを使い始めるも$100いけば良し.

 

f:id:eatwalker:20170322144903j:plain

 

7月あたりからやっと$150~200いく人も出てきたが,そのピークシーズンももって9月まで.しかも,この額を得るには相当のスピードと集中力が必要とされる.毎日帰って泥のように眠っていた.

 

オーストラリアのファームジョブは稼げるという情報が沢山あるが,すべてを鵜呑みにしないでほしい.また,セカンドビザを得るために全ワーホリ者がこぞって集まるため仕事をゲットするのは難しい.もはや運と情報だけが頼りだ.このファーム戦争を生き残るのは少数だと思う.大半の人は途中で諦め,ヒッピー生活に明け暮れたりする.かくいう自分も最終的にはそうなったからだ.そのため,もちろん資金はさほど貯まらず,オーストラリアを2年も旅をしたことで疲れ,世界一周という目的はまだ実行されずにいる.個人的には今を楽しく過ごせたらそれでいいと思う.後悔しなければそれでいい.人生なんとでもなるもんだ.そう自分に言い聞かせ,現在ニート1ヶ月半経過.

 

チーン

 

ではまた