野武士と言われた男

電気系大学院を出たが1年とちょっとで会社をやめた男の戯言

モラトリアム終了?正社員で働く道(中途の就職活動)

お金がない.

働かなきゃいけない.

でも働きたい会社がない.

そんなの当たり前だとみんな言うかもしれない.そりゃそうだ.大抵の人は好きで働いているわけではなく,生きていくために働いているのだから.

頑張って仕事を探す.しかし,どの求人を見ても気が滅入る.そして,ムカムカと吐き気がしてくる.それでも生活するお金のため会社に応募する.

書類通過.

1次面接.2社通過.

最終面接.面接+作文+適性試験.面接だけだとたかをくくっていたのにまさかの作文.

「辞退しようかな」

この一言が脳裏をよぎる.作文.嫌いすぎるやつ.苦手なやつ.さらに吐き気が増した.しかし,現実はお金ファースト.生活費のためとりあえず面接を受けることに.だが,事前に作文対策をしようと取り組むも,書く直前で思考停止.書く手が止まる.全く動かない.本気で入りたい会社ではないことなんて自分でも分かっている.結局適当に頭の中で考えたぐらいでほぼぶっつけ本番で挑む.適当に書く.自信ない.そして面接.本当はその会社の社長がどんな人なのか実際に見て話してみたかったという理由だけで面接を受けた.しかし,最後の「他に質問がありませんか?」でボロを出す.逆面接のようにこちらが主導権をとってしまったのだ.それを受け,取締役が一言.

「採用してもらう側だから,こちらとしては気分は良くないね」

あぁ,この取締役は嫌いだと一瞬で感じる.まぁ,当然の反応かもしれないが,こちらも会社を選ぶ側だから後悔は微塵もしていない.こんな調子だとどの会社も採用してくれないかもしれない.そのときは自分の中のハードルを下げる.山小屋で働こうか.期間工で働こうか.リゾバで働こうか.ハードルを下げまくる.選択肢なんていくらでもある.いくところまでいってやる.

会社で働いているというだけで尊敬する.自分にはそれがかなり難しいから.みなさんはもはや雲の上の存在です.嫌々言いながらも働く.辞めたいと言いながらも働く.自分にはそれができなかった.だから会社を辞めた.逃避行てやつ.どうにかなるだろう精神で海外に行った.働きながらフラフラした.なんとかなった.楽しかった.でも将来の不安は拭えなかった.フリーターという道はこれからもしたいとは思わなかった.その場その場では必要なお金を稼いで生きていける.でもそれができるのは若いときだけだと思う.30,40代になったら体力的にも厳しい.年下にコキ使われる.不安定すぎて結婚もできない.そんな未来を想像してしまう.そうなると正社員という道を目指すしかなくなった.これまで目をそらし続けていた道を直視するときが来たということだ.大学院までの学生生活と海外生活,そしてニートという超モラトリアム期と別れを告げるときが来たのだろう.

これから仕事と向き合い,必死に働きながらこれからの生き方をまた探していこうと思う.とりあえず,まずは採用してもらうことから.

ニート歴4ヶ月の最近

ども,アカトです.

 

2ヶ月ぶりの記事から数分.また記事を書いてます.nobushitoiwaretaotoko.hatenablog.com

 

することなくて暇なんですね.毎週日曜に行われる家の掃除がやりがいになってるぐらい暇なんです.でも,掃除って良いですよ.掃除が運動になり自律神経を整える,家が綺麗になることで見た目で落ち着く,空気環境が良くなり気分爽快,その結果ストレス発散といった具合に.ニートにおすすめです.本当はジョギングなどの運動を毎日少しでも行なった方が良いと思ってはいるのですが中々行動に移せず.本気でしなければ・したいと思ってないということだと勝手に自分で納得してます.

 

さて,オーストラリアから帰国後,早くもニート4ヶ月経過.さすがに最近することがなくなってきました.お金がないのがかなり影響してますね.なので,最近はもっぱら就活に勤しんでいます.これってニートではなく,ただの無職だと思われるかもしれませんが,ニートの方がスタイリッシュ(印象的)なのでニートで通させて頂きます.

 

2ヶ月前,というと4月の中盤,その頃は国が行なっているサポートステーションというニートやひきこもりが通うとこに行ってました.この頃はやりたい仕事がない,仕事をしなければならない理由がそこまでないため就職活動のハードルが高くなっていました.しかし,成果はほとんど得られず,ちょっとした気分展開にはなる,という感じでした.この頃は自己分析のしすぎでアスペルガーといった発達障害適応障害の本を読んだりもしました.少なからず当てはまるなと.ただただネガティブ思考に陥ってました.

これではいかんと意を決し,アルバイト情報誌で見つけたwebデザイナーのアシスタント(唯一興味があった)へ応募し面接するも不採用.おそらく知識・経験がないのと働く意欲が見られなかったのかなと思います.

その後,結局今の自分持っているもので人よりできるものといったら学生のときに学んだ電気の知識だと思い,零細の電気工事の会社の面接を受けました.すると,社長が履歴書見て

「え?これ間違いじゃない?」

と驚いている様子.大学院まで行っておいてこの選択,普通に考えたらおかしい.しかし,当の本人は大まじめ.こんな経歴じゃ大企業にはそう簡単に戻れるわけないし,そもそも戻りたいとも思っていない.また,中小企業も結局は組織ばったところで働きたいとは思わない.数人で働いている規模だとまだこんな自分でも働けるのではないかと.

しかし,そんな反応をされるとは思っていなかったし,電気工事士でもある父から電気工事をするぐらいなら制御盤の仕事の方が良いと聞き,考えを改めました.

それからは,まずハローワークで未経験でも働けるところを探したが,職務経歴書を書くモチベーションがなかったため応募まで至らず.これではダメだと転職サイトで職務経歴書を書きたくなる会社を探すも見つからず.ついには転職エージェントに手を出した.こうなるとエージェントからの電話・書類催促の攻撃から逃げたくなりつつもなんとか気合で職務経歴書を作成し,数社に応募しました.この間,将来のことを漠然と考え,やはり収入は安定・残業代・ボーナスあり・残業は少なめと理想と現実の間を行き来しながら,先週100人規模の中小企業の面接を終え現在結果待ち.今週は2社(非上場と一部上場)の面接予定,と社会人復帰への道をちょっとずつ進んでいます.

また,最近特に暇を感じることが多くなったので今週からwebデザインの職業訓練に通うことにしました.

この数ヶ月の間は考える比率が大きかったけど今は行動するのみ.というか,もう考えることがなくなりました.行動して行動して選択肢を少なくしていき,最終的に落ち着けたらなと思います.

 

以上,とあるニートの最近でした.

それでは,また.

オーストラリアへワーホリしてる方,タックスリターンの結果コメント待ってます(暇人のブログPV解析)

どうもアカトです.

 

約2ヶ月ぶりの記事です.

この期間,記事を書いていなかったですが,アクセス数だけは気になり,ほぼ毎日チェックしていました.10記事も書いてないのに.

すると,どうでしょう.たった数記事でも今月からなぜかアクセス数が増えているではないですか.といっても毎日5pvもなかったのが,最近はコンスタントに10pvいくぐらいのしょぼい変化なんですけどね(笑)

なぜなのか,この要因をちょっと分析してみると,ワーキングホリデーのタックスの記事だけアクセスが増えてる模様.まぁ,この記事を書いたのも需要がありそうだと思って参考程度に書いたから予想通りではありますけども.

 

nobushitoiwaretaotoko.hatenablog.com

 

なるほど,今月は6月.来月からオーストラリアでワーホリしてる人たちが気にするタックスリターン申請開始の月じゃないですか.というのも,今年2017年からタックスリターンの法律が改正され,税率15%が導入という報告があったから.しかし,私の予想ではほとんどのワーホリの方が非居住者に判定されて税率32%が課され,追徴課税になるのではないかと.まぁ,こんな予想してるのも自分がそういう目にあったからワーホリみんなそうなるのではないかというかなり極端な予想ではありますけども.いや,だからといってみんなにそうなってほしいとはさすがに思ってないですよ.なんで,もし追徴が嫌,払ってられるかって人はとりあえず周りの様子を見て(先にタックスリターンした人)申請するかどうか決めたほうがいいかと.本来はタックスリターンは義務だと思いますが,逃げるのもありなのかなと(笑)しかし,その後の責任は負いませんのであしからず.なので,7月以降のみなさんのタックスリターン申請結果のコメント待ってます.ちなみに私はまだ追徴払ってません.催促がないので.今年中にはさすがに払うつもりです,スーパーアニュエーションの返金でね.

 

ワーホリのみなさんのご検討を祈りまーす.

 

それでは,また.

なぜ読書をするのか?

ども,アカトです.

 

久しぶりの投稿です.

まず,今日のお題からちょっと外れますが,前回の記事で自信満々にブログを始めた理由みたいなのを書きました.しかし,それからというもの逆にブログを始める危険性というかデメリットについても考えてしまい気軽に投稿することができなくなりました. 

nobushitoiwaretaotoko.hatenablog.com

 

僕に立ちはだかったブログの壁,それは『身バレの恐怖』.そもそも身バレしてもいいじゃんという意見もあると思いますが,僕は自分の意見を自分から話すことをあまりしないという性格のため,結局ここで書いたら何を考えているかバレてしまうのです.じゃあ最初からブログなんかするなよという話なんですけどね,そこと葛藤してブログをしたいという気持ちもあるんです,すいません(笑).現在匿名でブログやツイッターをやっていますが,正直僕を知る人が読んだら特定できる内容を書いているので,いくらネットの世界とはいえ誰が検索して見てるかもわかりません.そのため,どんな記事を書いたらいいのか,いざバレても特に問題ない記事は何なのか漠然と考えてました.そんなとき,ふと手にした本に書いてあった「好きな文を書き写して作文につなげる」.これだ!と思いました.まぁ,要は書評というか読書感想文なんですけど(笑).とりあえず試しにこれを元に記事を書いてみようと思い今に至ります.

 

さて,その本というのが『読書力』.

読書力 (岩波新書)

読書力 (岩波新書)

 

 おそらく3回目の再読になるのですが,この本は僕の中でおそらくヘビーローテションになる本,いやもうなっているか.何回読み返してもおもしろい本です.

 

この本との出会いが「なぜ読書をするのか?」という疑問を持っていたときです.時は就活時代,できる人・すごい人は読書をするというビジネス界で言われているフレーズを鵜呑みにとりあえず100冊読破するという目標を掲げ,興味のあるものから手当たり次第に読んでいました.しかし,あるときから読書をする意味について改めて考え出しました.結局読書しても何も変わらないのではないか?そんな考えを「むしろ読書はするべきだ」と見事に切り替えてくれたのがこの本です.

 

1.読書による効果

・価値観や倫理観が形成される

読書によって人の考えや世界観を知ることができる.そのため,多くの本を読むことで,いろいろな人の考え・世界観を知ることができ,そこから自分の考えを作り出すことができる.しかし,逆に読書の幅が狭いと,ある1つのものを絶対視してしまう危険性がある.聖書のようにそれはもはや宗教になってしまう.日本人はそういったものがないため,大量の読書により価値観や倫理観が形成されると考えられる.

・言葉をたくさん知れる

日常で使われる話し言葉より文章に使われる書き言葉の方がバリエーションが豊富.

・コミュニケーション力がつく

 

2.読書のやり方

・音読

・線を引く

・緩急をつけて読む

 

3.読書後

・読書会

・人に話す

・作文を書く

 はい,ご覧の通り書いていて何を書けばいいのかわからなくなって疲れたのでこれにて終了!!これを読んでた人,無駄な時間をとらせてすいません.ネットにはこんな感じの適当なサイトもあると思うのであしからず.管理者は好きなようにやっています.

 

ではでは,また

なぜ今更ブログを始めたのか.むしろ今やるべきではないのか.

ども,アカトです.

 

本日は,「なぜ今更ブログを始めたのか.むしろ今やるべきではないのか.」について.

 

そもそもブログという存在そのものについてはもちろん以前から知っていました.以前といってもここ10年とかの話ですが.インターネットに関してはその前,中学生の頃から使ってました.時は2002年あたり,小学生から続けていたサッカーの流れで中学のサッカー部に入部します.しかし小学生のときからもともとサッカーが大好きというわけではなく,ただ友達と一緒にいられる,楽しめるという理由で入部しました.そのため,中学になるや部活動の方針がガチであったため,本気で取り組んでいなかった僕はその流れについていけなくなり,いつのまにか幽霊部員となり,サッカー部の友達とも次第に学校内で疎遠になりました.問題はもちろん自分にあります.辞めた気まずさから自分から気軽に話せなくなっていったのです.それから自然とネットの世界にはまりました.気づいたら当時流行っていた?カフェスタ(今でいうmixi)で毎日知らない人たちとチャットをして楽しんでいました.しかし,これは1年としないうちにしなくなります.その原因は,このとき気になっていた女の子に見向きされなくなったからです.実際に声を聞いたことも会ったこともない人のことが気になっていたのです(写真は見たことあります(笑)).中学生の想像力というか妄想力とはなんともすごいものです.中二病という表現は本当に的を射てます.そして,その後中二病の僕は2chのことを友達から知ります.今ではほとんど見ていない2chですが,当時初めて閲覧したときはかなりの衝撃を受けました.自分が知らない世界を知ったときに興奮するとはこのことです.

 

「なんだこの人たちは」

「天才か」

 

と.テレビでは決して表現されることのない世界.規制が全くない世界.なんでもありな世界.ネットには自由があふれていました.これが表現の自由の到来かと.今ではTwitterFacebookInstagramといったSNSを使用していない人の方が少ないのではないかというこのご時世.Facebookに関しては日本でブームになる前から使っていました.なぜか.それはグローバルがキーワードになります.高専時代,シンガポールの学生と交流する機会があり,1週間も一緒に行動をしていると自然の流れで仲良くなりました.別れた後も交流を続けたい,連絡を取り続けたいという思いからシンガポール人から

 

Facebookしてるか?」

 

という言葉.

 

「え,Facebook?何それ?うまいの?(また新手のいかがわしいサイトかな?)」

 

という反応をしてしまった僕.そうなんです.日本では流行っていなくても既に世界ではFacebookというものが流行っていたのです.グローバルなシンガポール人はもちろんその流行に乗っており,当たり前のごとく尋ねてきたのです.TwitterInstagramもアメリカ発.日本で流行るのはその後.しかし,今や日本で流行っているLineは世界的に知られていないことをご存知でしょうか?むしろオーストラリアで会った外国人はほとんどFacebookメッセンジャーやLine以外のアプリを使っています.その中で唯一,初対面でもLineの話題が通じる相手,それが韓国でした.それもそのはず,韓国最大のインターネットサービス会社ネイバー(NAVER)の子会社がLineを開発したのだから.

 

かなり話がずれましたが,言いたいことは昔から

 

ネットという世界は可能性に満ち溢れている

 

ということに最近になり気づいたことです.昔は仕事というものは決まった職種しかなく,その中から選ばなければならないという暗黙のルールがありました.どこかの本に書かれていた「子供のときにされる質問を変えるべき」話は賛成します.(確か「空想教室」だったけかな.忘れました(笑))

好奇心を“天職

好奇心を“天職"に変える空想教室

 

 「大きくなったら何になりたい?」

ではなく

「大きくなったら何をしたい?

と聞くべきだ.

 

何になりたいと聞いてしまったら,もうそれになることしか考えなくなる.選択肢が1つになってします.そうではなく,何をしたいと聞いたらいろんな選択ができることに気づき,生きやすくなる.好きなことを諦めなくてもよい.好きなことはずっと続ければいい.背中を押してくれる言葉がたくさん書かれていました.今ではそれを実現できるツールがネットだと思います.今でこそ有名になったYoutuberやプロブロガーという仕事は昔はありませんでした.仮にネットで人気になり,1000人ほどのファンを作ることができたら,その時点で自分の好きなことができるようになると思います.だって,もうテレビの中の有名人と変わらないと思うから.個性的でおもしろい人でも,特技や趣味がすごくても,世界一美味しいお店をもっていたとしても,それを伝えてくれる人や支えてくれる人がいないと成り立たない.いろんな本を読み,そういった考えに納得したため,いまさらブログを始めました.むしろ今始めるべきではないかと思います.SMAPの「世界にひとつだけの花」が流行った理由がいまさら分かります.同じ状況,考え,見た目の人はいないのだから,みんなが世界で唯一の個性をネットに発信して,好きな人がその人のファンになればいいのではないかと.そう願い(妄想し),今日もニートはブログを書きます.ブログを書くって大変,まだ8記事目(笑)

 

では,また

See ya~

【4年前】広島から宮城(仙台)までバイクで放浪

ども,アカトです.

 

フェイスブックで4年前の投稿が出て懐かしくなったのでブログにも転載します.

 

4年前,僕は大学院を卒業し,4月からの社会人生活が始まる前に5日間バイクで広島から仙台まで放浪の旅にでました.

 

なぜ仙台だったのか?

 

それは6年前の東北大震災後,一度も被災地の状況を自分の目で見たことがなかったからです.「写真や映像で見るのと自分の目で見て感じることは違う」その考えが自分の身体を動かしました.と真面目に書いてますが,実際は観光と趣味の世界が主なのであしからず(笑)以下,ガチな風邪をひきつつもまだ寒い東北を軽装した服のままバイクで走り,風邪を悪化させた男の旅の一部です(基本写真ばかり)

 

2013年3月25日(1日目)「フェリー観光」

もはや最初から記憶があいまいなのですが,確か名古屋(大阪だったけ?)から仙台までのフェリーに乗船.こんな大きくて綺麗なフェリーは初めて.乗船後すぐさま探検しに.

f:id:eatwalker:20170325193048j:plain

これはホール?

f:id:eatwalker:20170325192502j:plain

ゲームセンターがあり,

f:id:eatwalker:20170325192458j:plain

展望大浴場もあり,

f:id:eatwalker:20170325192526j:plain

カラオケもある!!

なんなんだここは.もはや動く娯楽施設じゃないか.しかし,体調が悪いため何も使用せず.

f:id:eatwalker:20170325192537j:plain

「おう!がんばっぺ!!」

ってイス占領すんなや.そのイス一つ座れなくなることで誰か一人辛くなることを知ってくれ.

f:id:eatwalker:20170325192534j:plain

船長になれる服.着たかったけど,さすがに一人で羽織る勇気はもちあわせていなかった.もっと強くなろう.

f:id:eatwalker:20170325192644j:plain

こういうコンテストを見るたびに応募したくなるが,未だに応募したことがない.まずは応募しないことには始まらないことはわかっている.

f:id:eatwalker:20170325192853j:plain

暇だったのでよく分からないショーへ.男の人は中国人かな?何も知らなくても暇つぶしぐらいにはなるだろう.体調悪いなら早く寝ろよと思われるかもしれないが,旅の間は時間が惜しい.こんな考えだから体調が悪化する.

f:id:eatwalker:20170325192723j:plain

f:id:eatwalker:20170325192943j:plain

良かった気がする.演奏終了後に集まるお客さん.

f:id:eatwalker:20170325193007j:plain

ん?

f:id:eatwalker:20170325193020j:plain

んん?なんか年齢層高くね?どう見ても20代いないね,自分のぞいて.

それはさておき,この人が使ってた楽器が珍しかった.名前は覚えてません,すいません.

f:id:eatwalker:20170325192446j:plain

そんなこんなで雑魚寝しました.知らないおじさんや同じ大学生と少し語り良い初日でした.

 

2013年3月26日(2日目)「友人の実家にお泊り」

f:id:eatwalker:20170325191429j:plain

 船上から見えた朝日.綺麗だ.

f:id:eatwalker:20170325191442j:plain

しかし,一向に仙台には着かず,かれこれ昼過ぎ.疲れました.そして到着してすぐ大学院の同期の家に泊まらせてもらう.仙台は大きなとこだと初めて知る.

 

2013年3月27日(3日目)

f:id:eatwalker:20170325195000j:plain

朝,友達の家から歩いて出発.数分後に違和感のある光景.

「なんか仏像が立ってますけど?」

そういえば淡路島にも変なでかい仏像があったなと思い出した.

f:id:eatwalker:20170325195016j:plain

また数分もしないうちに変なパトカー発見.可愛すぎるやろ.こんなの見たことなかったわ.

f:id:eatwalker:20170325195123j:plain

仙台駅に到着.でかい,立派.

f:id:eatwalker:20170325195447j:plain

確か青葉城趾をめがけて歩いていたら見つけた.作家・魯迅の象.なぜここにあるのか疑問だったが,調べてみると何やら学生時代ここ仙台に住んでいたとのこと.なるほどな~そういえば著書「阿 Q 正伝」は読んでみたいと思いつつまだ読めていない.

f:id:eatwalker:20170325191836j:plain

言わずと知れた独眼竜・伊達政宗公.この銅像も忠実に独眼を再現していらっしゃる.右目がはっきりしていないのわかりますでしょうか?

f:id:eatwalker:20170325195637j:plain

青葉城址,到着!ほんと何もないのね.なんだかここまで来てガッカリ.

f:id:eatwalker:20170325191922j:plain

 上に登ってみるとまた出た政宗.今度は騎乗しております.様になるな~

f:id:eatwalker:20170325195729j:plain

そこらへんにあった神社を散策してたらお店があったので仙台名物の牛タンを食べてみた.気持ち大きかった気がするが,やっぱりちゃんとした店で食べないとこういうのはわからないのかもしれない.

 

2013年3月28日(4日目)

f:id:eatwalker:20170325192027j:plainf:id:eatwalker:20170325192105j:plain

仙台空港あたりの光景.元の光景を知らないからなんとも言えないが,いまだ復興し続けていることは感じ取れた.

 

f:id:eatwalker:20170325191423j:plain

f:id:eatwalker:20170325192254j:plain

f:id:eatwalker:20170325192303j:plain

f:id:eatwalker:20170325192307j:plain

そして,ここからは完全に趣味の世界へ.来ました角田市台山公園.この公園には実物大模型のH-IIロケットがあります.いやー圧巻でした.写真も画になるなる.隣にあった建物はスペースタワーというものらしいです.えーよくわかりません!(笑)

f:id:eatwalker:20170325200357j:plain

公園はこんな感じ.タコ滑り台がいい感じですね.さすがに一人では滑れませんでした.f:id:eatwalker:20170325200512j:plain

f:id:eatwalker:20170325200520j:plain

 このタコの奥にも滑り台が.ここは長い.ここも滑りたかったけど散歩中の親子の目を気にしてしまい断念.ここは滑りたかった. 

f:id:eatwalker:20170325191426j:plain

f:id:eatwalker:20170325191433j:plain

f:id:eatwalker:20170325191453j:plain

どうしても写真に納得できず,また仙台空港あたりへ.損害のひどさがやっと分かる光景.そして,震災後に建てられたと思われる仮設セブンイレブン.ただの仮説なので真相は分からないが,さすがだ.

f:id:eatwalker:20170325201108j:plain

f:id:eatwalker:20170325192003j:plain

鹽竈神社(しおがまじんじゃ).なんでここに立ち寄ったんだっけな?観光名所だからかな?忘れました(笑)f:id:eatwalker:20170325200819j:plain

確か鹽竈神社の男子トイレ.殿!!

f:id:eatwalker:20170325201219j:plain

f:id:eatwalker:20170325201153j:plain

今日の宿であるゲストハウス.ここ何て名前だったかな~確か石巻にあるとこなんだけど,忘れました(笑).ご覧のとおり漫画本が多いこと.

f:id:eatwalker:20170325201228j:plain

f:id:eatwalker:20170325201234j:plain

今日の宿泊者は自分1人のみ.なんとも寂しい.でも仕方ないのか,ここ石巻の被害はニュースでも取り上げられていたほどだから.

 

2013年3月29日(5日目)

今日は目的のあの場所へ!

 

f:id:eatwalker:20170325201605j:plain

f:id:eatwalker:20170325201608j:plain

ここ石巻の道路にはこのように漫画のキャラクター像が立ち並んでいます.それはなぜか?

f:id:eatwalker:20170325201625j:plain

そう,石ノ森萬画館があるから!!ここは仮面ライダーサイボーグ009を生み出した石ノ森章太郎先生の作品と業績を知ることができます.

f:id:eatwalker:20170325201659j:plain

「やったぜ!」

f:id:eatwalker:20170325201700j:plain

「お疲れ!」と言わんばかりのヒーローたち.

f:id:eatwalker:20170325201750j:plain

 入口には数々の巨匠の手形が.

f:id:eatwalker:20170325201720j:plain

ルパン三世モンキー・パンチ先生

f:id:eatwalker:20170325201723j:plain

 初代仮面ライダーで知られる藤岡弘

f:id:eatwalker:20170325201829j:plain

デビルマン永井豪先生

f:id:eatwalker:20170325201831j:plain

漂流教室楳図かずお先生f:id:eatwalker:20170325202038j:plain

明日のジョーちばてつや先生

f:id:eatwalker:20170325202236j:plain

ガンダム原画監督の安彦良和先生.

f:id:eatwalker:20170325202247j:plain

そして,石ノ森章太郎先生と握手.渋いね~

f:id:eatwalker:20170325202545j:plain

石ノ森章太郎先生の作品の数々.

f:id:eatwalker:20170325202554j:plain

f:id:eatwalker:20170325202618j:plainロボコン,なつかしい~

f:id:eatwalker:20170325202610j:plain

f:id:eatwalker:20170325202642j:plain

f:id:eatwalker:20170325202649j:plain

数々の有名漫画家を輩出した「ときわ荘」.ここには夢がつまっている.

f:id:eatwalker:20170325202737j:plain

f:id:eatwalker:20170325203053j:plain

そうそうたるメンバー

 

f:id:eatwalker:20170325202800j:plain

f:id:eatwalker:20170325202806j:plain

f:id:eatwalker:20170325202817j:plain

館内を歩いていたら,ちゃっかり決めポーズで座っていた仮面ライダー.かっこよすぎるやろ.f:id:eatwalker:20170325203009j:plain

そして本ほどのサイズのライダー.

f:id:eatwalker:20170325203233j:plain

 思わず手をあげそうになる.受付には009のコスプレをしたお姉さんがいて,勇気を振り絞って

「写真撮ってもいいですか?」

と聞いたら

「いいですよ^^」

と優しい返答.

さすがにネット上で承認なしで顔をアップするのはまずいので,もし興味がある方は実際に現地に行って拝見してみてはどうでしょうか.

f:id:eatwalker:20170325203626j:plain

またも個性的な交番.個性があっていいとこですね.

f:id:eatwalker:20170325192154j:plain

f:id:eatwalker:20170325203909j:plain

f:id:eatwalker:20170325203957j:plain

f:id:eatwalker:20170325192208j:plainf:id:eatwalker:20170325192224j:plain

と,こんな感じで5日にわたる放浪が終わりました.正直めちゃくちゃ楽しかったわけでもなく,雨の中カッパを来てバイクを走らせているときはただ修行している気分を感じていました.若さゆえのエネルギーとはときには思いもよらぬ行動をさせてしまうと今になって思います.富士山や北アルプスを一人で登頂しようなどとは今は思わないですから.良い思い出です(笑)

 

それでは,また 

2016年3月イチゴで短期間稼いだ話 at Sweet's Strawberry Runnners in スタンソープ(Stanthorpe)

ども,アカトです.

 

去年の今頃,2週間だけスタンソープにあるSweet's Strawberry Runnnersというところで働きました.ここはイチゴファームで,あの悪夢のカブルチャー時代を思い出します. 

nobushitoiwaretaotoko.hatenablog.com

 

まず,そもそもなぜスタンソープという町に行ったのか.それは2月に友人の結婚式に参加するため一旦帰国し,またもやお金の底が見え始めたときにさかのぼります.

 

3月頭,帰豪したはいいものの仕事のあてなどほとんどありませんでした.唯一飛び込みできるところとして以前カブルチャーで会った友人が働いていたラグビーファーム(Rugby)という所(後日記述予定).ここは女の子でも稼げるという話を聞いていました.このファームがあるところがスタンソープだったのです.しかし,行ったところで仕事がもらえる保証がないため躊躇していましたが,もはや選択肢が他になくなったので帰国する友人を車で空港まで送っていった後,急遽スタンソープに向かうことにしました.あのときの居場所のなさは半端なかった.もう行くところがなくてやけくそのように飛び出しました.

 

その日の昼前に到着し,事前に調べていたハローワークなるところに行きました.それがBest harvest labour

au-life.xyz

 

ここに行けばとりあえず仕事はもらえます.ただ,時期によっては待たなければいけないかもしれません.僕は大変運良くSweet's Strawberry Runnnersの仕事があったので結果オーライでした.しかし,最初にスタッフから紹介されたのはイチゴの苗を選定する歩合の仕事でした.悩みました.個人的に歩合の仕事で良い思い出はないからです.仕事を斡旋してくれるところはここだけでなく,いくつかのキャラバンパークでも行なっています.そこでBlue Topaz Caravan Parkというところに行くと,3,4人グループでのアップルピッキングの歩合の仕事がありました.ただ,働いているイタリア人に話を聞いたところ1日頑張って$120~140だったので一度考えるさせてと伝えてまたBestに戻りました.Bestに戻るとさっきと同じスタッフがイチゴの仕事でも時給の仕事があると言ってきました.「おい,それなら最初から言えよ」と内心思いつつも話を聞いてみると,多少英語が話せる人でないとダメだからとのこと.「なるほどね,しかしそんなに喋れないけど大丈夫なんかな」と思いつつも時給$22の仕事はかなりうまい話だったのでそのまま仕事ゲット.明日から働けるのもでかい.そしてさっきのキャラバンパークしか泊まれるところがないため1週間そこに滞在することになりました.これが初のキャラバン生活.よくよく考えてみるとキャラバン生活は好きだが,ここの設備が良くなかったため1週間後にすぐシェアハウスに移動しました.別の場所にあるTop of the townは話を聞くかぎり良いとこみたい.

 

ここで,なぜ仕事が歩合制から時給制に変わったのか.それは仕事内容が変わったから.最初の仕事は苗の選定.それが苗を選定をチェックする仕事になったからです.これがスーパーバイザー(管理者?)の指示で仕事するため英語力が求められるみたいです.この仕事は非常に暇で,さらにたまにスーパーバイザーと選定者の間に板挟みになるのが好きではなかったです.ここの仕事自体は3月始めから4月中旬までの短期で,全期間働いたら確かボーナスがもらえると聞いた気がします.僕はスタンソープに到着したと同時にRugby farmにも応募していたので,2週間後には仕事を辞め転職しました.なのでボーナスの詳しい話はわかりません.仕事は短期間ということもあり,週6~7日,6~18,19時まで時給で働くため,良い週で$1500ほどいっていたと思います.選定者は早い人で$2000.しかし,大体が韓国人か台湾人で,日本人で稼げている人は見たことなかったです.お金は稼げるけれども自分の時間がなくなるため,当時英語に劣等感をかなり感じ毎日勉強していたこともあり,時間を優先して辞めるに至りました.そして,その後半年にもわたるRugby farmでのレタス刈りの日々が始まるのでした.乞うご期待.

 

ファームジョブの参考になれば幸いです.

 

ではでは,また