野武士と言われた男

電気系大学院を出たが1年とちょっとで会社をやめた男の戯言

調子悪

1/8の仕事始めから調子悪すぎ。飲み会後に電車で吐くわ、仕事へのやる気ないわ、風邪を理由に筋トレ行かなくなるわ、散々だな。とりあえず筋トレ再開から始めよう。この雪が降りそうな寒さに負けそうなになるけど

1月の気温

昼間は暖かいと思ったら、電車のホームで待ってると影で寒い。まだまだ1月は寒かった。例年だと2月はさらに寒くなるらしい。ほんとかよ。

 

徒然なるままに

生きとし生ける全ての物へ 注ぐ光と影 花は枯れ大地は罅割れる そこに雨は降るのだろう

 

森山直太郎

 

ふと頭に流れたフレーズ。

特に意味はない。

明日は華金。万全な体調じゃないけど、体を鍛えたいからジムに行ってやる。もはや自暴自棄。免疫力低下し、また風邪が悪化するんだろうな。いつ強くなるんや、おれの身体。

再開。日記として記録。

半年ぶりに再開して長文書いたのに投稿されてなかった。初めて使うアプリのせいだわ。

 

とりあえず、今日も仕事して、新年会参加して、ドラマanoneを適当に見て、1日が流れました。

明日も仕事。帰ってから何しようかな。

有意義な生き方、絶賛模索中。

モラトリアム終了?正社員で働く道(中途の就職活動)

お金がない.

働かなきゃいけない.

でも働きたい会社がない.

そんなの当たり前だとみんな言うかもしれない.そりゃそうだ.大抵の人は好きで働いているわけではなく,生きていくために働いているのだから.

頑張って仕事を探す.しかし,どの求人を見ても気が滅入る.そして,ムカムカと吐き気がしてくる.それでも生活するお金のため会社に応募する.

書類通過.

1次面接.2社通過.

最終面接.面接+作文+適性試験.面接だけだとたかをくくっていたのにまさかの作文.

「辞退しようかな」

この一言が脳裏をよぎる.作文.嫌いすぎるやつ.苦手なやつ.さらに吐き気が増した.しかし,現実はお金ファースト.生活費のためとりあえず面接を受けることに.だが,事前に作文対策をしようと取り組むも,書く直前で思考停止.書く手が止まる.全く動かない.本気で入りたい会社ではないことなんて自分でも分かっている.結局適当に頭の中で考えたぐらいでほぼぶっつけ本番で挑む.適当に書く.自信ない.そして面接.本当はその会社の社長がどんな人なのか実際に見て話してみたかったという理由だけで面接を受けた.しかし,最後の「他に質問がありませんか?」でボロを出す.逆面接のようにこちらが主導権をとってしまったのだ.それを受け,取締役が一言.

「採用してもらう側だから,こちらとしては気分は良くないね」

あぁ,この取締役は嫌いだと一瞬で感じる.まぁ,当然の反応かもしれないが,こちらも会社を選ぶ側だから後悔は微塵もしていない.こんな調子だとどの会社も採用してくれないかもしれない.そのときは自分の中のハードルを下げる.山小屋で働こうか.期間工で働こうか.リゾバで働こうか.ハードルを下げまくる.選択肢なんていくらでもある.いくところまでいってやる.

会社で働いているというだけで尊敬する.自分にはそれがかなり難しいから.みなさんはもはや雲の上の存在です.嫌々言いながらも働く.辞めたいと言いながらも働く.自分にはそれができなかった.だから会社を辞めた.逃避行てやつ.どうにかなるだろう精神で海外に行った.働きながらフラフラした.なんとかなった.楽しかった.でも将来の不安は拭えなかった.フリーターという道はこれからもしたいとは思わなかった.その場その場では必要なお金を稼いで生きていける.でもそれができるのは若いときだけだと思う.30,40代になったら体力的にも厳しい.年下にコキ使われる.不安定すぎて結婚もできない.そんな未来を想像してしまう.そうなると正社員という道を目指すしかなくなった.これまで目をそらし続けていた道を直視するときが来たということだ.大学院までの学生生活と海外生活,そしてニートという超モラトリアム期と別れを告げるときが来たのだろう.

これから仕事と向き合い,必死に働きながらこれからの生き方をまた探していこうと思う.とりあえず,まずは採用してもらうことから.

ニート歴4ヶ月の最近

ども,アカトです.

 

2ヶ月ぶりの記事から数分.また記事を書いてます.nobushitoiwaretaotoko.hatenablog.com

 

することなくて暇なんですね.毎週日曜に行われる家の掃除がやりがいになってるぐらい暇なんです.でも,掃除って良いですよ.掃除が運動になり自律神経を整える,家が綺麗になることで見た目で落ち着く,空気環境が良くなり気分爽快,その結果ストレス発散といった具合に.ニートにおすすめです.本当はジョギングなどの運動を毎日少しでも行なった方が良いと思ってはいるのですが中々行動に移せず.本気でしなければ・したいと思ってないということだと勝手に自分で納得してます.

 

さて,オーストラリアから帰国後,早くもニート4ヶ月経過.さすがに最近することがなくなってきました.お金がないのがかなり影響してますね.なので,最近はもっぱら就活に勤しんでいます.これってニートではなく,ただの無職だと思われるかもしれませんが,ニートの方がスタイリッシュ(印象的)なのでニートで通させて頂きます.

 

2ヶ月前,というと4月の中盤,その頃は国が行なっているサポートステーションというニートやひきこもりが通うとこに行ってました.この頃はやりたい仕事がない,仕事をしなければならない理由がそこまでないため就職活動のハードルが高くなっていました.しかし,成果はほとんど得られず,ちょっとした気分展開にはなる,という感じでした.この頃は自己分析のしすぎでアスペルガーといった発達障害適応障害の本を読んだりもしました.少なからず当てはまるなと.ただただネガティブ思考に陥ってました.

これではいかんと意を決し,アルバイト情報誌で見つけたwebデザイナーのアシスタント(唯一興味があった)へ応募し面接するも不採用.おそらく知識・経験がないのと働く意欲が見られなかったのかなと思います.

その後,結局今の自分持っているもので人よりできるものといったら学生のときに学んだ電気の知識だと思い,零細の電気工事の会社の面接を受けました.すると,社長が履歴書見て

「え?これ間違いじゃない?」

と驚いている様子.大学院まで行っておいてこの選択,普通に考えたらおかしい.しかし,当の本人は大まじめ.こんな経歴じゃ大企業にはそう簡単に戻れるわけないし,そもそも戻りたいとも思っていない.また,中小企業も結局は組織ばったところで働きたいとは思わない.数人で働いている規模だとまだこんな自分でも働けるのではないかと.

しかし,そんな反応をされるとは思っていなかったし,電気工事士でもある父から電気工事をするぐらいなら制御盤の仕事の方が良いと聞き,考えを改めました.

それからは,まずハローワークで未経験でも働けるところを探したが,職務経歴書を書くモチベーションがなかったため応募まで至らず.これではダメだと転職サイトで職務経歴書を書きたくなる会社を探すも見つからず.ついには転職エージェントに手を出した.こうなるとエージェントからの電話・書類催促の攻撃から逃げたくなりつつもなんとか気合で職務経歴書を作成し,数社に応募しました.この間,将来のことを漠然と考え,やはり収入は安定・残業代・ボーナスあり・残業は少なめと理想と現実の間を行き来しながら,先週100人規模の中小企業の面接を終え現在結果待ち.今週は2社(非上場と一部上場)の面接予定,と社会人復帰への道をちょっとずつ進んでいます.

また,最近特に暇を感じることが多くなったので今週からwebデザインの職業訓練に通うことにしました.

この数ヶ月の間は考える比率が大きかったけど今は行動するのみ.というか,もう考えることがなくなりました.行動して行動して選択肢を少なくしていき,最終的に落ち着けたらなと思います.

 

以上,とあるニートの最近でした.

それでは,また.

オーストラリアへワーホリしてる方,タックスリターンの結果コメント待ってます(暇人のブログPV解析)

どうもアカトです.

 

約2ヶ月ぶりの記事です.

この期間,記事を書いていなかったですが,アクセス数だけは気になり,ほぼ毎日チェックしていました.10記事も書いてないのに.

すると,どうでしょう.たった数記事でも今月からなぜかアクセス数が増えているではないですか.といっても毎日5pvもなかったのが,最近はコンスタントに10pvいくぐらいのしょぼい変化なんですけどね(笑)

なぜなのか,この要因をちょっと分析してみると,ワーキングホリデーのタックスの記事だけアクセスが増えてる模様.まぁ,この記事を書いたのも需要がありそうだと思って参考程度に書いたから予想通りではありますけども.

 

nobushitoiwaretaotoko.hatenablog.com

 

なるほど,今月は6月.来月からオーストラリアでワーホリしてる人たちが気にするタックスリターン申請開始の月じゃないですか.というのも,今年2017年からタックスリターンの法律が改正され,税率15%が導入という報告があったから.しかし,私の予想ではほとんどのワーホリの方が非居住者に判定されて税率32%が課され,追徴課税になるのではないかと.まぁ,こんな予想してるのも自分がそういう目にあったからワーホリみんなそうなるのではないかというかなり極端な予想ではありますけども.いや,だからといってみんなにそうなってほしいとはさすがに思ってないですよ.なんで,もし追徴が嫌,払ってられるかって人はとりあえず周りの様子を見て(先にタックスリターンした人)申請するかどうか決めたほうがいいかと.本来はタックスリターンは義務だと思いますが,逃げるのもありなのかなと(笑)しかし,その後の責任は負いませんのであしからず.なので,7月以降のみなさんのタックスリターン申請結果のコメント待ってます.ちなみに私はまだ追徴払ってません.催促がないので.今年中にはさすがに払うつもりです,スーパーアニュエーションの返金でね.

 

ワーホリのみなさんのご検討を祈りまーす.

 

それでは,また.